テンプレートでお客様にメールなどへ返信をしている会社や社員はチャットボットというロボットと一緒では…

ad

チャットボット(チャットbot chatbots)元年と言われている2016年。

いろいろな企業や開発者の方たちが、さまざまなチャットボット(チャットbot chatbots)ツールを公開しております。

わたしはかつて、日本でいう大手不動産会社に勤務しておりました。

毎日、朝に出勤をしたら、お客様からの反響をすでに会社で作成されたテンプレートが作られた、HTMLメールなどで、お客様へ返信する日々を過ごしていました。

わたしのいわゆる上司から聞きましたが、テック業界の創業者の人たちは、もう10年以内には人を雇用するという考えがなくなるということを聞きました。

実際に当社でもチャットボット(チャットbot chatbots)を開発したのですが、みんなで話し合い、お客様にお出しできるサービスではないと判断し、チャット機能は残したものの、開発したチャットボット(チャットbot chatbots)の公開はいったん中断しております。

では、人が雇用されない時代がくると言っているのに、「なぜわたしを」といわゆる上司に聞いたところ、「なんとなく話しをしていて」とあっさりと答えられました(笑)

いまは小さい会社ですが、わたしは女性ですが、男性と同じ内容の仕事をさせていただいておりますし、矛盾しているかもしれませんが、わたしは女性なので、女性ならではの生理休暇などもいただけております。先日は、わたしの家族から連絡があり、諸事情で、相談をしたら、家族を優先にと、すぐに家族の元へ向かうこともできました。結局は大したことではなかったのですが、いわゆる上司に報告をしたら、「逆に良かったね」と笑いながら答えてくれました。

今はコア事業の不動産事業とともに、テック業界の情報を入手しては、いろいろなことを試しています。

世界はこんなに進んでいるのだと感じている日々です。

日本では大きな会社と言われるところに勤務していたのですが、会社で決められた服装で、毎朝、お客様からの反響に対して、会社が制作したテンプレートのHTMLメールでお客様に返信をしたりという日々はいったい何だったのかと思うこともあります。

今は、何か相談をしたら、決めるのはお客様だから、お客様が良いと思うことをするように言われていて、あとは自由です。

わたしたちはどうなっていくのかは、わたしにも「?」ですが、時代の流れに身を任せて、わたしたちのスタンスである、「その日を楽しく!!」行かせていただこうと思っております!!

 

トップへ戻る