ALMA124億光年離れたモンスターギャラクシーを観測

PR

アルマALMAアタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計(Atacama Large Millimeter submillimeter Array)は、124億光年離れたモンスターギャラクシーCOSMOS-AzTEC-1をアルマ望遠鏡で観測。ALMAアルマ(Atacama Large Millimeter submillimeter Array)公式ツイッター(Twitter)アカウントや公式インスタグラム(Instagram)、日本の国立天文台NAOJ(National Astronomical Observatory of Japan)公式ツイッター(Twitter)アカウント、国立天文台アルマ望遠鏡公式ツイッター(Twitter)アカウントを埋め込みます。

Monster galaxy COSMOS-AzTEC-1 observed with ALMA. ALMA revealed the distribution of molecular gas (left) and dust particles (right). In addition to the dense cloud in the center, the research team found two dense clouds several thousand light-years away from the center. These dense clouds are dynamically unstable and thought to be the sites of intense star formation. ** アルマ望遠鏡で観測したモンスター銀河COSMOS-AzTEC-1。アルマ望遠鏡による観測で、銀河円盤中にある分子ガス(左)と塵(右)の分布をかつてない高い解像度で描き出すことに成功しました。中心から少し離れた位置には、2つの大きな塊が見えており、ここでも活発に星が生まれていると考えられます。 ** Image Credit: ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Tadaki et al.) ** #galaxy #alma #naoj #アルマ望遠鏡 #国立天文台

NAOJ / 国立天文台さん(@naoj_pr)がシェアした投稿 –