延期になったバングラディッシュ初の衛星をスペースXファルコン9打ち上げ成功

datascience
PR

日本時間2018年5月11日打ち上げまで約1分のところでスペースX(SpaceX)ファルコン9ブロック5ロケット(Falcon 9 Block 5 Rocket)に不具合が見つかり、バングラディッシュ初の衛星打ち上げミッションバンガバンドゥサテライト1ミッション(Bangabandhu Satellite-1 Mission)が本日へ延期になりました。

そもそもスペースX(SpaceX)のロケット打ち上げ(Rocket launch)の回数は多いということはありますが、非常に珍しいように感じました。

バングラディッシュ初の衛星(Bangladesh’s first geostationary communications satellite)のため、バングラディッシュの方達も注目をしており、スペースX(SpaceX)ファルコン9ロケット(Falcon 9 rocket)打ち上げ直前約1分前で打ち上げ延期の報告をスペースX(SpaceX)から受け取ったバングラディッシュの人たちからもいろいろな意見が見られました。

しかし、非常にアメリカ合衆国的だなあと感じたのは、バングラディッシュ初の衛星打ち上げミッションバンガバンドゥサテライト1ミッション(Bangabandhu Satellite-1 Mission)がスペースX(SpaceX)ファルコン9ブロック5ロケット(Falcon 9 Block 5 Rocket)の不具合により予定していた打ち上げが延期になったのにイーロン・マスク(Elon Musk)の公式インスタグラム(Instagram)がむしろエンジョイしている感じにも受け止められてしまうようなVOGUE(ヴォーグ)関係の投稿をアップしておりましたが、現在は削除されており、また新たな別の計画に関する投稿が直近の投稿でアップされています。

現時点での情報によれば、バングラディッシュ初の衛星(Bangladesh’s first geostationary communications satellite)を打ち上げるバンガバンドゥサテライト1ミッション(Bangabandhu Satellite-1 Mission)のスペースX(SpaceX)ファルコン9ブロック5ロケット(Falcon 9 Block 5 Rocket)打ち上げ基地でもあるアメリカ合衆国フロリダ州ケープカナベラル(Cape Canaveral)のケネディ宇宙センター(Kennedy Space Center)の天候環境状況などからすれば、打ち上げに必要な環境を確率で表すと確率は約60%から70%と環境としましては、良好な方です。

スペースX(SpaceX)の公式ウェブキャスト(webcast)サイトやユーチューブ(YouTube)チャンネルアカウントのライブ配信(Live streaming)ウィンドウは用意され、リマインダー設定もおこなえるようになっています。

バングラディッシュ初の衛星(Bangladesh’s first geostationary communications satellite)を打ち上げるバンガバンドゥサテライト1ミッション(Bangabandhu Satellite-1 Mission)のスペースX(SpaceX)ファルコン9ブロック5ロケット(Falcon 9 Block 5 Rocket)打ち上げ成功。

Bangabandhu Satellite-1 Mission SpaceX

Rocket Launch: May 11, 2018 4:14 PM EDT | SpaceX Falcon 9 Bangabandhu-1
May 11, 2018 04:14 PM
Kennedy Space Center, Launch Complex 39A
Rocket Launch: May 11, 2018 4:14 PM EDT | SpaceX Falcon 9 Bangabandhu-1

SpaceX is targeting launch of Bangabandhu Satellite-1 on Friday, May 11 from Launch Complex 39A (LC-39A) at NASA’s Kennedy Space Center, Florida. The two-hour launch window opens at 4:14 p.m. EDT or 20:14 UTC. A backup launch window opens on Saturday, May 12 at 4:15 p.m. EDT or 20:15 UTC. 

Bangabandhu Satellite-1 will be deployed into a geostationary transfer orbit (GTO) approximately 33 minutes after launch.

The Bangabandhu Satellite-1 mission will be the first to utilize Falcon 9 Block 5, the final substantial upgrade to SpaceX’s Falcon 9 launch vehicle. Falcon 9 Block 5 is designed to be capable of 10 or more flights with very limited refurbishment as SpaceX continues to strive for rapid reusability and extremely high reliability.

Following stage separation, SpaceX will attempt to land Falcon 9’s first stage on the “Of Course I Still Love You” droneship, which will be stationed in the Atlantic Ocean.