ビットコインのサトシナカモトとウィリアムフェラー

PR

何となく、探検をしてみた。

前置きとしまして、新しいことに関しましては、興味はありますが、ビットコイン(Bitcoin)のような仮想通貨(virtual currency)につきましては、かなり前に理屈として調べましたが、以前記事で書いたようにビット野菜派です(^^)

ちょっと再確認として、ビットコイン(Bitcoin)について、かなりの時間が空きましたが、本当にざっくり改めて興味本位で調べてみました。

ちなみにビットコイン(Bitcoin)は、サトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)という未だに正体不明の人物によって投稿された論文に基づいて、2009年に運用が開始されている。

ビットコイン(Bitcoin)のベースを作ったとされるサトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)は誰なのかということが未だに議論されています。

但し、すでに調べている人は多いとは思いますが、ビットコイン(Bitcoin)のベースを作ったとされるサトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)のウェブサイト(website)で判明したことは、ウィリアム・フェラー(William Feller)の文献がビットコイン(Bitcoin)という仮想通貨(virtual currency)の発明に影響を及ぼした一例であることは、サトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)のウェブサイト(website)と思われるウェブサイト(website)の参考文献として記載されている点からウィリアム・フェラー(William Feller)が何かしらビットコイン(Bitcoin)という仮想通貨(virtual currency)に関係していたのかもしれません。
参照:http://nakamotoinstitute.org/literature/introduction-probability-theory-vol-i/

日本でも都市伝説がどうとか言われておりますが、たまにはおもしろいなあとか思ったりしたりwww

また、サトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)関係で、~@vistomail.comというメールアドレスやAnonymousspeechなどについても議論されていたりもします。

まあいずれにしましても、ビットコイン(Bitcoin)などの仮想通貨(virtual currency)に興味がある人はそれはそれで良いかと。また、ビットコイン(Bitcoin)などの仮想通貨(virtual currency)に興味がない人たちもそれはそれで良いと思います。

一応、ビットコイン(Bitcoin)という仮想通貨(virtual currency)に興味のある方界隈で有名な動画を貼り付けておきます。ご存知の方も多いとは思いますが。
All-Star Panel: Ed Moy, Joseph VaughnPerling, Trace Mayer, Nick Szabo, Dr. Craig Wright

Mr Bitcoin: “I don’t want money, I don’t want fame!” BBC News


「Australian entrepreneur Craig Wright has publicly identified himself as Bitcoin creator Satoshi Nakamoto. His admission ends years of speculation about who came up with the original ideas underlying the digital cash system. Mr Wright has provided technical proof to back up his claim using coins known to be owned by Bitcoin’s creator. Prominent members of the Bitcoin community and its core development team have also confirmed Mr Wright’s claim.」

個人的にはどちらかと言えば、理解はできないと思いますが、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT/ National Institute of Information and Communications Technology)が発表した量子コンピュータでも解読困難な新暗号技術を開発したということの方がかなり気になります。

さあ現在は冬ですが、ビット野菜を貯めようwww

Google 24時間サポートG Suiteを試す(無料試用期間有)

Google公式24時間サポートプログラムG Suite。最初の14 日間は無償でご利用いただけます。
プランは月額600円~

NEWSprogrammingtechnology
PR
テクノロジー×不動産アイケーホーム