ボストンダイナミクスがアップした動画が人間VSロボットのベースで怖い

PR

ボストンダイナミクス(BostonDynamics)が日本時間2018年2月20日に公式ユーチューブ(YouTube)チャンネルにアップした「Testing Robustness 」という動画が怖い。

恐れている人間VSロボット(Human VS Robots)の基礎、ベースのように感じます。凄いと同時に怖い。

動画をみていただければわかると思いますが、扉を開けようとするロボット(Robots)を人間が(Human)が邪魔をするというような動画。

ロボティクス(robotics)ことロボット工学。

プログラム(programs)を間違えたらかなり怖いですし、ロボット(Robots)のプログラム(programs)を組む人間性が非常に大切だ。

Testing Robustness BostonDynamics


「A test of SpotMini’s ability to adjust to disturbances as it opens and walks through a door. A person (not shown) drives the robot up to the door, points the hand at the door handle, then gives the ‘GO’ command, both at the beginning of the video and again at 42 seconds. The robot proceeds autonomously from these points on, without help from a person. A camera in the hand finds the door handle, cameras on the body determine if the door is open or closed and navigate through the doorway. Software provides locomotion, balance and adjusts behavior when progress gets off track. The ability to tolerate and respond automatically to disturbances like these improves successful operation of the robot. (Note: This testing does not irritate or harm the robot.)」