ブレークスルースターショットに再注目か…

AI
ad

ブレークスルースターショット(Breakthough Starshot)に再注目か…

ホーキング博士の最後の論文という記事を以前書いたのですが、そこから日本のメディアも辿り着いたのか、ホーキング博士は亡くなる直前まで論文を書いており、人類はあと100年で終了するということが話題になっています。恐らくかなり昔からスティーブンホーキング博士(Professor Stephen Hawking)は、このままいくと人類は100年で滅亡するか地球は滅亡するというようなことをおっしゃっていたので、100年ではなく80年なのか、50年なのか、10年くらいかもしれません。若しくは人類は地球以外の惑星に生きる場所を見つけなければ行けないかもしれないというようなことも有名な話しです。

スティーヴン・ホーキング博士(Professor Stephen Hawking)を代表とし、いろいろな方たちが技術の進化について警鐘を鳴らしてきたことは有名な話しです。

もしかすると、いろいろな状況で1年以内になるかもしれないということも否めないように個人的には感じます。

ホーキング博士よもっと教えてください

TED ホーキング博士のスピーチ

スティーヴン・ホーキング博士とホセ・ムヒカ元ウルグアイ大統領の意外な共通点

アノニマスの警告は強ち間違えていないかもしれない…

このブレークスルースターショット(Breakthough Starshot)は、スティーヴンホーキング博士やロシアのデジタルスカイテクノロジーズ(DST/Digital Sky Technologies)などを起業した実業家でもあり、フェイスブック(Facebook)や中華人民共和国企業に投資家、VCベンチャーキャピタル(venture capital)として、大きな影響力を持つユリミルナー氏(Yuri Milner)などが中心となって進めてきている計画です。今では大きなテクノロジー企業となった多くの起業家、実業家や科学者などが多く参加しており、数千個の超小型探査機に地上からレーザーを照射することで、4.37光年(約41.3兆km)離れたアルファケンタウリ(Alpha Centauri)に通称スターチップ(StarChip)という超小型宇宙船ナノクラフトを送り込むというような計画です。

人工知能に関するオープンレター(Open Letter on Artificial Intelligence)やFLI(Future of Life Institute)で高度な人工知能によるリスク回避についてスティーブンホーキング博士(Professor Stephen Hawking)と共に活動していたスペースX(SpaceX)のイーロン・マスク氏(Elon Musk)もスティーブンホーキング博士(Professor Stephen Hawking)が亡くなられた際にこのようなツイート(tweet)をツイッター(Twitter)に投稿しています。

ちなみに「Do You Trust This Computer?」は、こんな感じのドキュメンタリーです。

凡人からすると理解できないことは多いのですが、シンプルに考えると理解できるような気がします。

宇宙開発や惑星探査と並行して電波望遠鏡に関する情報も増えてきていますし…。

Starshot

Breakthrough Starshot Animation (Full)

Breakthrough Starshot is a $100 million research and development program, aiming to establish proof of concept for a ‘nanocraft’ – a fully functional space probe at gram-scale weight – driven by a light beam. A spacecraft like this, equipped with a lightsail, has the potential to reach twenty percent of the speed of light – or 100 million miles an hour. At that speed, it could reach Alpha Centauri, our nearest star system, in around 20 years. Using the fastest conventional rocket propulsion system available, the same journey would take tens of thousands of years.

This new scientific initiative is committed to international collaboration, open access and open data. It aims to represent all of humanity as one world, stepping out into the galaxy within a generation.

On the fifty-fifth anniversary of Yuri Gagarin’s great leap into space, April 12, 2016, Yuri Milner was joined by Stephen Hawking at New York’s One World Observatory to announce Breakthrough Starshot, which will lay the foundations for humanity’s next great leap: to the stars. It was also announced that Mark Zuckerberg joined the board of the initiative.

breakthroughinitiatives.org

トップへ戻る