30年一括借り上げって30年どころか数日後もあるのか…

ad

一応コア事業の不動産事業を入り口に考えてみます。

特に30年一括借り上げ(bulk lease/サブリースsublease)を行っている企業をどうこういう訳ではなく、では、このご時世で数日後もその企業はあるのかどうかという問題です。また、不動産業界に限らず、日本のこれからの社会に関わってくるように感じます。

これは企業の小さい大きい。大企業や中小企業ということは一切関係ない。

ベーシックインカムわかりやすくはじまってますよ…公式参考資料ありという記事を書いた。さらにベーシックインカムと日本という記事も書いた。

つまり何が言いたいかというと、まだ日本人は日本の危機的状況を把握していないように感じてしまうということに危機感を感じます。

冗談半分で書いたいったいどうすれば…同じようなことありませんか?という記事を読んでいただければと。理解して行動しているのであれば、仕方がないとは思いますが、何も考えずにロボット(robots)のように働いていたら、すでに必要がなくなってしまうという危機感です。つまり、現時点でも人に変わってロボット(robots)でまかなえることはあるとは思いますが、政府が雇用を奪ってしまうと、日本社会の均衡が保てなくなってしまうので、あえて何かのデータ(data)からプログラミング(programming)でプログラム(program)開発したような人工知能(artificial intelligence/AI)のようなロボット(robots)の導入を敢えてしていないと考えています。

公開できる情報は公開するべきですということは、将来の日本に関わります。

日本は諸先輩方がかなり頑張ってくれたおかげで、まだ可能性はあると考えます。

公開できない機密情報はあるとは思いますが、公開できる情報も公開しない企業も未だに多い。APIが公開されていない。オープンソース (open source)やオープンデータ(open data)がなかったり。良いか悪いのかということは考慮しなければ、法律的な問題もありますが、スクラップ(scrap)されても何も言えないと感じることもある。

経済学者や経済関係の書籍や情報も改めて調べてみた。

世界的に企業の数が多い。だから均衡を保つためには、企業買収されるなどの形で企業の数を減らさなければ、経済学上は均衡が成り立たないという内容のものもあった。

所謂現在の大きいと言われている企業の人と話す機会も多い。何かについて聞きたいので、専門分野について聞くとわからないということも多い。それは部署や部門が違うという訳ではなく、本当に知識としてないようだ。SNS上だと自慢げな投稿が並ぶのですが、中身がどうなっているのか。その人はその人の生き方があるのでどうこうは思わなかったのですが、日本って本当に危ないなあと感じることは多い。

学歴や職歴などは一切関係ない。常に危機感を感じ井の中の蛙にはなりたくはないと気持ちが大切なように感じる。
誰でも感謝の気持ちや謙虚な気持ちは持っているとは思いますが、本当に大切だと感じます。

と言いながら、一般庶民はベーシックインカムわかりやすくはじまってますよ…公式参考資料ありということでもわかるとおり、将来的には嫌でも一個人が法人のようになると考えているので、それに備え、慣れないプログラミング(programming)をしながらビット野菜の時期の準備をする?

ベーシックインカムわかりやすくはじまってますよ…公式参考資料あり

ベーシックインカムと日本

トップへ戻る