文字コード

PR

将来を見据えていろいろなことを考えてたりしながら、最新の技術も物理的且つ限られた時間の中で勉強をしながら、気になる分野について調べたいときは、原点を辿るということを特に頻繁に繰り返しているます。

今回は、文字コード(Character encoding)について書こうかと思います。

正直、見る人がわかれば良いかと思い、理論的に文字コードリスト(Character encoding list)でビットや文字コードリスト(Character encoding list)から英数字で文章を書いた方が当然読み込みは早いので、ふざけたことをしようとしましたが、一応文章で😅

なぜ現在ワールドワイドウェブ(World Wide Web)、インターネット(internet)が普及した現在で、どちらかと言えば、日本は優遇されているのかと言えば、すでに現役を引退された所謂企業戦士(今では時代ではないと言われるかと思いますが・・・)だったかつての日本人の先輩方のお陰であるということは否めないかと思います。

もちろん賛否両論あるとは思いますが、そんな中で、今回は文字コード(Character encoding)に関係した記事を書こうかと思い、エントリー。

もちろんいろいろな方の貢献があっての現在かともいますが、その中でもアスキー(ASCII)さんについてざっくり書こうかと思います。本当にざっくりですみません。

個人的には、アスキー(ASCII)と言えば、神ゲームが多いとイメージがあります。恐らくゲーマー(gamers)だったからかもしれません。

しかし、PC、ワールドワイドウェブ(World Wide Web)、インターネット(internet)という今では欠かせないツールで考えた時にアスキー(ASCII)さんの存在は欠かせないかと。ちなみにアスキー(ASCII)の創業者に携わった西和彦さんや郡司明郎さん、塚本慶一郎さんはご年配の方や同世代の方からすれば、やはりカリスマ性の高い方のようです。

今でもアスキー(ASCII)さんのウェブサイト(website)はありますし、一番古いパソコン雑誌でもある株式会社工学社の月刊I/O(アイオー)を見るとおもしろいです。

現在は、文字コード(Character encoding)はユニコード(Unicode)からUTFになっておりますが、昔のものを辿っていくとおもしろいです。

文字コード(Character encoding)、ASCII、ANSI、Unicode、UTF(Unicode Transformation Format)と・・・ちなみにUTFにはUTF-8やUTF-16、UTF-32などビットに関してももっと学ぶとおもしろいのかもしれません。

ちなみにあとはご興味のある方は、お調べをしてみると、けっこう昔のことを学んだり、みてみたりするだけでもおもしろかったりもしますので・・・どうぞ。
工学社
ascii.jp
nishi.org
W3C
unicode.org