中華人民共和国の衛星Tiangong-1が制御不能のまま地球への落下の可能性…

PR

2017年11月6日ESA(欧州宇宙機関/European Space Agency)のHolger Krag氏が伝えていたように、2011年9月30日に中華人民共和国のJSLC酒泉衛星発射センター(Jiuquan Satellite Launch Center)から打ち上げられた、中華人民共和国宇宙ステーション(Chinese Space Station)衛星(satellite)Tiangong-1(天宮1号)が制御不能で、ESA(欧州宇宙機関/European Space Agency)の情報によると、中華人民共和国宇宙ステーション(Chinese Space Station)衛星(satellite)Tiangong-1(天宮1号)が地球に向かって実際にすでに再突入する予測。

大気圏再突入などの情報に関しまして、現時点では、まだ確実な日時は予測できてはいないのですが、日本時間など言えば、2018年3月24日から2018年4月19日の間にかけてTiangong-1(天宮1号)は地球の大気圏に向けて再突入予定のようです。Tiangong-1(天宮1号)は、アメリカ合衆国のThe Aerospace Corporation(エアロスペース)が資金提供をしている。

この中華人民共和国宇宙ステーション(Chinese Space Station)Tiangong-1(天宮1号)は大気圏で機体の大部分は燃え尽きる予測だと中華人民共和国政府は伝えてはいるものの、予測によると大気圏内で燃え尽きなかった機体の破片が地球の地上に落下する可能性があるようです。仮にこの機体の破片が落下すると想定すると、破片の落下地点は北緯43度から南緯43度にかけての広範囲となっており、機体の破片の予測落下地点が地球上のどこに落下するのかということは定かではない。

The Aerospace Corporation(エアロスペース)公式ツイッター(Twitter)

しかし、仮に中華人民共和国宇宙ステーション(Chinese Space Station)衛星(satellite)Tiangong-1(天宮1号)の機体の破片が落下してきたとしましても人体への危害が及ぶ可能性は低いという予測のようですが…。
ESA
Aerospace