ESAが開発中のAriane6が2020年の打ち上げ計画は順調よう…

datascience
ad

ESAヨーロッパ宇宙機関(European Space Agency)が2020年の打ち上げに向けたアリアンスペース社(Arianespace)のロケット(rocket)アリアン6(Ariane6)の開発がどうやら順調に進んでいるようです。

ESAヨーロッパ宇宙機関(European Space Agency)が開発しているアリアンスペース社(Arianespace)のアリアン6ロケット(Ariane6 rocket)は、アメリカ合衆国企業スペースX(SpaceX)のロケット同様再利用可能なロケットとなる予定です。

アリアン6ロケット(Ariane6 rocket)打ち上げ基地などもすでに決定しており、フランス領ギアナのクールー(Kourou)のギアナ宇宙センター(Guiana Space Center)になるようです。周辺の場所地図を貼り付けておきます。

最近ESAヨーロッパ宇宙機関(European Space Agency)の公式ツイッター(Twitter)やインスタグラム(Instagram)やCNESフランス国立宇宙研究センター(National Centre for Space Studies/Centre national d’études spatiales)などでの情報発信も増えてきているので、公開されている公式ユーチューブ(YouTube)やビメオ(vimeo)の動画なども埋め込みます。

Ariane 6 European Space Agency, ESA

At the European spaceport in Kourou, French Guiana, the new launch facilities for ESA’s Ariane 6 launcher are being built. With the Ariane 6 launcher and the upgrade of the Vega to Vega C, Europe expands its launching capacities by creating versatile launchers that meet market demands. At the same time ESA supports both institutional missions and European industry as both Ariane 6 and Vega C will be fully European. With Ariane 6 and Vega C, Europe secures its independent access to space for years to come.


ESA

トップへ戻る