Googleが機械学習のデータをオープンソース化

ad

Google(グーグル)はデータビジュアライゼーションツールEmbedding Projectorをオープンソース化すると発表。

このツールは機械学習の研究者がTensorFlow(テンサーフロー)をインストールしなくとも、データをユーザーなどにオープンにすることができるためのツールになります。

最近は、どの企業もさまざまなツールをユーザーが見れるようにある程度オープンにし始めています。

もちろん企業ですので、企業の大切な秘密のツールはオープンにはできないですが、ある程度オープンにできる情報は、オープンにすることで、ユーザーからの新しいアイデアやサービスを提供してもらえる可能性も増え、さらにはその企業のツールを活用することで、企業側にとりましても個人的にはメリットがあると考えております。

今回のテクノロジー業界大手のGoogle(グーグル)が機械学習ツールEmbedding Projectorをオープンソース化は、テクノロジー関係に詳しくないユーザーでもアイデアなどあれば、新たな機械学習ツールのアイデアが生まれる可能性も高い気がします。

但し、デベロッパーではないユーザーにとりましては、何千と次元のある複雑なモデルで、既存のツールで描くのは難しく、そこでGoogle(グーグル)のEmbedding Projectorが活用できるようになるのですが、開発者ではなくても簡単にさまざまなサービスをローンチできるようになり、さらに便利な社会の構築を行うことで、社会貢献することも大切なような気が個人的にはします。

トップへ戻る