GoogleのAIは独自の言語を発明?!

ad

Google(グーグル)は今年2016年9月に、Google(グーグル)のNeural Machine Translation(ニューラルネットワークによる機械翻訳)システムが稼働を開始したと発表した。このシステムは、ディープラーニングを利用して複数の言語間の翻訳を改良し、より自然な翻訳にするというものです。

そして、その翻訳システムの開発者たちは、あることが気になった。翻訳システムに、英語と韓国語双方向と、英語と日本語双方向の翻訳を教育したら、それは韓国語を日本語へ、あいだに英語を介さずに翻訳できるのではないか?

下のGIF画像のように、彼らはこのような翻訳方式を、“zero-shot translation”(ゼロショット翻訳、分枝のない翻訳)と呼んだ(オレンジ色のライン):

Google独自の人工知能開発か?!

 

その結果、英語を介さずに他の言語のそこそこの翻訳を作り出せたようです。

 

 

この中間言語(“interlingua”)は、日本語・韓国語・英語の三言語の文や語の類似性を表している表現の、ずっと深いレベルに存在しているようで、非常に高度なことをやってるのかもしれないし、もしくは、本当はすごいシンプルなものなのかもしれません。

今後も人工知能(artificial intelligence/AI)やディープラーニング(深層学習 deep learning)、自然言語処理(natural language processing/NLP)、音声認識(speech recognition)などの開発はどうなっていき、社会はどのように変化していくのか注目ですね。

いずれにしましても、対話相手のスタイルにあわせた自然な会話を実現(Conversation)がそう遠くはないのでは…?

ちなみにこちらは英語のみ対応ですが、IBMのConversation Serviceです。人工知能(artificial intelligence/AI)がチャットボット(chatbots チャットbot)みたいな感じで対応してくれるのですが、日本語への理解度や対応力はほとんどない…

トップへ戻る