小惑星探査機はやぶさ2リュウグウへタッチダウン埋め込みタイムライン

小惑星探査機「はやぶさ2(Hayabusa 2)」タッチダウンのタイムライン(Time Line)を埋め込みます。

ご興味のある方はどうぞ。小惑星探査機はやぶさ2(Hayabusa 2)タッチダウンJAXA国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(Japan Aerospace eXploration Agency)公式ユーチューブ(YouTube)動画アカウントにてリマインダーはすでに準備されております。小惑星探査機はやぶさ2(Hayabusa 2)タッチダウン当初の予定通りで決定のようで、降下開始。

小惑星探査機「はやぶさ2(Hayabusa 2)」は、小惑星リュウグウ(Ryugu)の探査を目的とし、2014年12月3日(水)に種子島宇宙センターから打ち上げられ、地球から約3億4000万キロ離れた、直径約900メートルの小惑星リュウグウ(Ryugu)へ。

「日本から、ブラジルにある長さ6センチの的を狙う」ほどの精度が求められる。

「はやぶさ2」タッチダウン運用ライブ配信 JAXA | 宇宙航空研究開発機構

※降下開始の可否判断の結果、問題のないことが確認されたため、降下に向けての運用を開始しました。タッチダウンの予定時刻に変更はありません。
2019年2月22日(金)AM6:45から、タッチダウン運用の様子を行う管制室の模様をライブ中継(配信)します。(2019年2月21日13時30分更新)
小惑星探査機「はやぶさ2」は、現在、リュウグウの中心から約20km上空のホームポジションの位置にいて、タッチダウン運用を開始します。
このタッチダウン運用の様子をライブ中継(配信)いたします。
日時:平成31年(2019年)2月22日(金)AM6:45~AM9:15

“Hayabusa2” Touchdown (TD1)(English)

はやぶさ2公式ツイッター(Twitter)アカウント日本語アカウントと英語版アカウントをタイムライン(Time Line)形式で埋め込んでおります。


hayabusa2.jaxa.jp