GmailでAI人工知能を活用し設定する方法

AI
PR

先日Google I/O 2018で予測通り発表されたGmailにAI人工知能(artificial intelligence)を活用して、メールを自動返信してくれるように設定する方法です。

G Suite(旧Google Apps)への加入企業も増えているようです。

GmailにAI人工知能(artificial intelligence)を活用するためには、Smart Compose(スマートコンポーズ)という試験的に運用されている機能を活用します。今まではInbox by Gmail(インボックスバイグーグル)アプリやグーグル(Google)のメッセンジャーアプリグーグルアロ(Google Allo)で利用できるスマートリプライ(Smart Reply)で自動返信ができていたり、シンプルに1回のみの返信をするようなボット(bots)みたいなシンプルな機能もありましたが、新たに追加されAI人工知能(artificial intelligence)を活用するための新機能がSmart Compose(スマートコンポーズ)のExperimental Accessという機能を活用する方法です。それぞれのサービスのご紹介を公式サイトから引用しておりますので、ご参考にされたい方はどうぞ。

Google 24時間サポートG Suiteを試す(無料試用期間有)

Google公式24時間サポートプログラムG Suite。最初の14 日間は無償でご利用いただけます。
プランは月額600円~

データを安全に保つことが最優先事項です。これは先月、 BEC(Business Email Compromise)の脅威に対処するための新しいフィッシング詐欺対策を導入しました 。これらの新しい保護機能により、Gmailはユーザーに警告するか、自動的にメッセージをスパムに移動することでBECの99.9%をブロックするのに役立っています。

今日、私たちは情報保護の新しいアプローチを導入しています:Gmail機密モード。機密モードでは、有効期限を設定したり、以前に送信したメッセージを取り消したりして、電子メールの機密コンテンツを保護することができます。電子メールを表示するためにテキストメッセージ経由で追加の認証を要求することができるため、メッセージがアクティブな間に受信者の電子メールアカウントがハイジャックされた場合でもデータを保護することもできます。

Gmail Convergence_Enterprise_Image 1

Gmailで人工知能を使って簡単にメールの上に留まる
Nudging、Smart Reply、優先度の高い通知など、Gmailの新しいAI機能搭載の機能は、重要な作業にもっと時間を費やすのに役立ちます。

私たちの多くは、一度に処理できるメールよりも多くのメールを受信し、時には問題がクラックする可能性があります。Nudgingを使用すると、Gmailはメッセージをフォローアップまたは返信するように積極的に思い出させ、ボールを落とさないようにします。

Gmail Convergence_Enterprise_Image 3

外出先でメールを読むのは簡単ですが、そのメールに返信するのは手間がかかります。Inbox by Gmail(インボックスバイグーグル)アプリ、または、グーグル(Google)のメッセンジャーアプリグーグルアロ(Google Allo)で利用できるスマートリプライ(Smart Reply)を活用することでメールの自動返信で時間を短縮することができていました。

Smart_Reply_in_Gmail_on_iOS_static_for_blog.width-1000_ue7xiKi.png

Smart_Reply_in_Gmail_Pixel_Gray_background.gif

実験的なGmailの機能を試す

実験的機能にSmart Compose(スマートコンポーズ)にアクセスする
新しいGmailを使用して、パソコンから実験的な機能へのアクセスのみを有効にすることができます。
注:Googleは実験的機能をサポートしていません。Googleはいつでもこれらのサービスを変更したり、削除することができます。

Experimental Accessをオンにするには、コンピュータを使用する必要があります。

  1. 右上隅にある[設定の設定 その後 設定 ]をクリックします。新しいGmailをまだ使用していない場合は、[ 新しいGmailを試す]をクリックします。
  2. [一般]で[ 実験的アクセス]までスクロールします。
  3. 実験的アクセス有効にする] チェックボックスをオンにします
  4. ページの下部にある[ 変更を保存 ]をクリックします

実験的な機能にアクセスできるようになりました。

実験的機能の設定を変更する

実験的機能にアクセスすると、設定から各設定をカスタマイズできます。実験的機能の設定を変更するには:

  1. 右上隅にある[設定の設定 その後 設定 ]をクリックします。新しいGmailをまだ使用していない場合は、[ 新しいGmailを試す]をクリックします。
  2. [全般]の下にスクロールして、テストアイコンのある機能を探します実験
  3. 各機能の横にあるをクリックしてオンまたはオフにします。

利用可能な実験

現在利用可能な実験については、次のリストを参照してください。

Smart Composeを使用する

あなたはより速く、より良い電子メールを書くためにGmailを手伝ってもらうことができます。Smart Compose機能は機械学習によって強化され、入力時に提案が表示されます。提案を受け入れるには、Tabキーを押します

Smart Composeをオンまたはオフにするには:

  1. Gmailで、[設定の設定 その後 設定 ]をクリックします。
  2. [全般]の下にスクロールして[ スマートコンポーズ]に移動します。
  3. 予測をオンにするには、をクリックして候補を書くを選択します。予測をオフにするには、[ 提案書く ]をオフにします。

注:Smart Composeは英語で利用できます。Smart Compose(スマートコンポーズ)は回答を提供するようには設計されておらず、事実上正しい情報を常に予測するとは限りません。

機械学習について

言語理解モデルは、何十億という共通のフレーズやセンテンスを使用して自動的に世界について学ぶので、人間の認知バイアスを反映することもできます。これを知ることは良いスタートであり、対処方法に関する会話は進行中です。Googleは誰にとってもうまく機能する製品を作ることに全力を傾け、意図せざるバイアスや緩和戦略を積極的に研究しています。
Gmail Help
Google AI Blog

Google 24時間サポートG Suiteを試す(無料試用期間有)

Google公式24時間サポートプログラムG Suite。最初の14 日間は無償でご利用いただけます。
プランは月額600円~