Crouton不要でChromebookをLinux環境にする方法

PR

もしかしましたら情報が遅かったらすみません。

たまたまプライベート用テストマシンのChromebook(クロームブック)をいじってLinux環境にしようと思いましたら、スムーズにLinux環境にできるようになっていました。

検索画面などでChrome for Linuxと入れても良いのですが、結局Crouton、chrootツールを使ってLinux環境にする記事が上位表示されています。

いろろいろと海外の情報などを見ていましたら、デベロッパーモードにしなくてもLinux環境にできました。

日本語の記事でもアップしてくれていた方がいるので、後でリンクを貼り付けます。ちなみにダウンロードする場合は一切自己責任となります。

まずChrome(クローム)アプリをダウンロードするページに行きます。
google.com/chrome/

ここでChrome(クローム)アプリのダウンロードページに行くと思います。

サイト上部に「ダウンロード」というところがあるともいます。そこを選択すると、Chromebook(クロームブック)の場合は、「Linux版」と表示されると思います。Chromebook(クロームブック)ではない場合は、「Chromeをダウンロード」をクリックします。

そうすると、「Chrome for Linux」をダウンロードというというページが表示されると思います。
ここから「Debian/Ubuntu/Fedora/openSUSE」と表示され、「ダウンロードパッケージを選択してください。」というメッセージの下に
「64 bit.deb (Debian/Ubuntu版)」
「64 bit.rpm (Fedora/openSUSE版)」
と2つ選択することができるようになっていると思います。上記2つ以外の場合のリンクもあります。

そしてGoogle Chrome利用規約が表示されているので、よく読んで、良ければ、「同意してダウンロード」をします。

今回は「64 bit.deb (Debian/Ubuntu版)」にします。

そうすると、「google-chrome-stable-current-amd64.deb」を開くというような表示が出ると思います。

「google-chrome-stable」The web browser for Googleというようなメッセージの下に「インストール」と出ていると思います。

Ubuntuの場合は、「apt」コマンドで配布されているパッケージをすべてインストールできます。

$ sudo apt install…

あとはユーザー名とパスワードを入力すれば、良いかと。

いくつかリンクを貼り付けておきます。
Google Chromeヘルプ
ubuntulinux.jp
ubuntu.com
GNOME
GNOME
chromium.org
GNU
lenovo.com
linuxfan.info
chromesoku.com