JAXA革新的衛星技術実証1号機打ち上げ

PR

JAXA国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(Japan Aerospace eXploration Agency)革新的衛星技術実証プログラムの最初の実証機会、革新的衛星技術実証1号機がイプシロンロケット4号機での打上げを予定とのことです。

革新的衛星技術実証1号機について。JAXA革新的衛星実証プログラム公式サイトより。

「革新的衛星技術実証1号機」は、「革新的衛星技術実証プログラム」の最初の実証機会です。平成30年度中にイプシロンロケットでの打上げを予定しています。 「革新的衛星技術実証1号機」は、JAXAがベンチャー企業の力を利用して開発する 「小型実証衛星1号機(RAPIS-1)」(7つの実証テーマを搭載)と6機の 超小型衛星 ・ キューブサット の計7機の衛星で構成されています。

JAXA国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(Japan Aerospace eXploration Agency)イプシロンロケット4号機による
革新的衛星技術実証1号機の打上げに予定。
打上げ予定日時は、2018年1月17日9時50分20秒~9時59分37秒(日本標準時)
打ち上げ場所は、内之浦宇宙空間観測所より打ち上げ予定。
打上げ予備期間2019年1月18日~2019年1月31日
とのことです。

内之浦宇宙空間観測所の場所や地図です。ポイントは内之浦宇宙空間観測所で落としています。鹿児島県肝属郡肝付町南方