火星大接近

PR

2018年7月31日火星大接近。今回の接近は、「大接近」とも呼ばれる近い距離での最接近。

6000万キロメートルよりも近い距離まで近づくのは2003年の最接近以来15年ぶり。

このときの火星と地球の間の距離は5,759万キロメートル(地心距離で表した距離。地心距離とは地球の中心から対象天体の中心までの距離。今回は火星までの距離)。

2003年に地球と火星が5,576万キロメートルまで接近して以来の6,000万キロメートルよりも近い距離での接近となるのは、2003年以来15年ぶり。

ちなみに火星探査も進んでいる。

火星と地球が2年2か月ごとに接近するようす(2015年秋から2021年冬ごろまで)国立天文台(NAOJchannel)

火星大接近2018

火星観望の好機到来!
2018年7月31日に火星が地球に最接近します。最接近時の火星と地球の間の距離は5,759万キロメートルです。今回の接近は、「大接近」とも呼ばれる近い距離での最接近となります。6000万キロメートルよりも近い距離まで近づくのは2003年の最接近以来15年ぶりです。

火星は地球のひとつ外側にある惑星で、約780日(約2年2カ月)の周期で地球への接近(会合)を繰り返しています。地球の軌道はかなり円に近い形をしていますが、火星の軌道は少しつぶれた楕円形をしています。また、会合周期がちょうど2年ではなく2年2カ月であるため、火星と地球が接近する位置は毎回ずれ、距離も大きく変わります(最も近い位置での接近と最も遠い位置での接近では、距離が2倍ほど違います)。

火星の直径は地球の半分程度と小さく、遠い時は表面のようすがよく観察できませんが、地球との最接近を迎えるころは火星が大きく見えるため、観察の好機となります。

火星の接近というと最接近の日ばかりが話題になりますが、最接近前後の数週間は、地球と火星の距離はそれほど変わりません。この機会に、ぜひ火星を望遠鏡で観察してみてください。望遠鏡をお持ちでない方は、天文施設にお出かけになって、大きな望遠鏡で火星をご覧になってみてはいかがでしょう。

2003年から2100年までの火星最接近の予測をNAOJ国立天文台(National Astronomical Observatory of Japan)さんが公開しています。火星大接近ですが、近い将来には、火星に住んでいる人が地球を見ている人もいるかもしれない。
NAOJ
NASA