物流とワープ

PR

過去に行っていた未来の予測は、現在の事実になって、意外と想像していただとおりになることを痛感しています。

特に小さい頃からワープ(warp)の技術に関心はあったのですが、特にそういった研究者や専門家の道ではなく、一般庶民として生きている。

昔から言われていたことの中で、まだ実現していないことの一つがワープ(warp/move instantly by supernatural power)や瞬間移動(teleportation)の技術です。

結構前にいくら技術が進化しても物流業はなくならないというは言われてきたが、実際に物流に関して注目も集まっています。

なぜならば以前どこかの記事で書いたのですが、すでにワープ(warp/move instantly by supernatural power)や瞬間移動(teleportation)の入り口まではきていたということは聞いていた。しかし、実際にワープ(warp/move instantly by supernatural power)や瞬間移動(teleportation)するためにモノを圧縮することはできるが、異次元で加えられる力に物が耐えられなく、圧縮することはできても、それを元に戻すということが非常に困難なため、人や物がワープ(warp/move instantly by supernatural power)や瞬間移動(teleportation)できるにはかなりの時間が掛かると考えられてきた。

かなり前に書いた技術ですが、そんなワープ(warp/move instantly by supernatural power)や瞬間移動(teleportation)の技術も進歩している。例えば、イスラエルでブラックホール開発中という記事や人やモノがワープする日は近いのかということも書いた。

しかし例えば有名なところで言えば、セルン(cern/欧州原子核研究機構/Conseil Européen pour la Recherche Nucléaire /European Organization for Nuclear Research)やLIGO(Laser Interferometer Gravitational Wave Observatory)などの最近の状況をみると、かなりワープ(warp/move instantly by supernatural power)や瞬間移動(teleportation)の技術は進んでいると感じる。

一方で、小さい頃から気になっている人の一人で、これ以上人間は技術を進化させるべきではないということを提唱しているホーキング博士(Professor Stephen Hawking)の意見は一般庶民で凡人でもわかる気がします。

さらにまだ世の中に認知されていない企業や団体、組織、個人なども世界中にはたくさん潜んでいると思います。

そう考えると、過去の未来の予測が、現在の事実として目の当たりにすると同時に、良いのか悪いのか人やモノがワープする日は近いように感じる今日この頃です。