小さな村がたくさん

ad

WWWワールドワードウェブ(World Wide Web)、インターネット(internet)、SNSソーシャルネットワーキングサービス(social networking service)などの普及、または、Whoisの非公開や匿名による投稿、IP飛ばしなどさまざまなテクノロジー(technology)の進化、発展で、自由に情報を発信できるようになっています。

日本は、多くの自由と権利が保証されていおり、検閲は行われないようにはなっている(※一部疑問に思う流れはありますが・・・)。

さまざまな情報が飛び交っています。

基本的には情報はほとんど信じないですし、SNSソーシャルネットワーキングサービス(social networking service)もソーシャルでネットワークで繋がりたいとも思わない派ではあります。

どちらかと言えば、見る専門です。

極端に相対する偏向的な情報サイトもみたりします。

ずっと前から思っていたのですが、WWWワールドワードウェブ(World Wide Web)でインターネット(internet)が普及し、いろいろなSNSソーシャルネットワーキングサービス(social networking service)などが普及している現在、さまざまな情報発信を見てみると、検閲や著しい情報操作が行われていないことを考慮すると、結局はWWWワールドワードウェブ(World Wide Web)、インターネット(internet)で地球上の世界中に情報を発信できるということになっており、SNSソーシャルネットワーキングサービス(social networking service)なども見てみると、地球上の世界中に情報を発信できるという意味では、世界が広いように感じますが、いろいろとエクスプローラー(explorer)をしたりしていると、結局は大昔の小さな村がたくさんあるということになっているように感じます。

恐らくこれは自然な流れだと思いますが、良い方向でWWWワールドワードウェブ(World Wide Web)、インターネット(internet)、SNSソーシャルネットワーキングサービス(social networking service)が使われていれば良いと感じるのですが、世界は広いようで、結局は狭く、ロボット(robots)や検索エンジン(search engine)もこんなものかと感じたりもする。

そもそも発案者や開発者である人間、背景やベース(base)、基礎を考えたら、それも自然のように感じたりもする。

データサイエンス(datascience)www

トップへ戻る