Microsoftが機械学習ツールキットをさらに使いやすく

PR

Microsoft(マイクロソフト)は、機械学習の開発フレームワークで、Microsoft(マイクロソフト)ツールだったCNTKを一般公開して、デベロッパーの選択肢を増やした。そしてさらに、このCNTKの次のバージョン、バージョン2.0の最初のベータを立ち上げ、Google(グーグル)のTensorflowに対抗していくようです。

Unlock deeper learning with the new Microsoft Cognitive Toolkit-Microsoft Research

CNTKはMicrosoft Cognitive Toolkitに名前を改めています。

Microsoft(マイクロソフト)の音声認識技術のリーダーXuedong Huangによると、CNTK/Cognitive ToolkitはTensorflowや類似のフレームワークに比べて、以前からアドバンテージが大きかった。中でも、そのパフォーマンスが。

Microsoft(マイクロソフト)のCNTKの最初のバージョンは、Microsoft(マイクロソフト)が社内的に使っていたものと同じで、デベロッパーもコードをC++やC#で書かなければならなかったのですが、Pythonなどの使えるTensorflowに比べて大きなデメリットがありました。

次のバージョンではCognitive ToolkitはPythonはネイティブでサポートし、さらにデベロッパーがCNTKのモデルを理解するための教育訓練事業も提供していくようです。

わたしたちは、ノンプログラマーですが、日々本業の不動産業と並行してプログラムの構築にも勉強をしておりますが、とにかく誰でも簡単にプログラムを構築できる世の中になれば、様々な人たちが、いろいろなアイデアを形にできるので、何よりも使いやすいサービスの向上を望んでおります。

The Microsoft Cognitive Toolkit