ベーシックインカムわかりやすくはじまってますよ…公式参考資料あり

PR

何かと問題のベーシックインカム(basic income)問題。

そんなベーシックインカム(basic income)問題は、すでにはじまっています。

かなり情報発信が遅れてすみません。

その証拠となる資料です。

マイクロソフト(Microsoft)、アメリカ合衆国最高裁判所(Supreme Court of the United States/COTUS)、アメリカ合衆国司法省(United States Department of Justice/DOJ)などと、ほかのテクノロジー(technology)企業とが合併や連携を証明しています。2018年1月のものです。

ホワイトハウス(White House)やアメリカ合衆国議会(United States Congress)も絡んでいた問題。

PDFデータになっておりますが、この書面上だと、さあっとしか目をとおしていないのですが、アマゾン(Amazon)、アップル(Apple)、シスコ(Cisco)、ドロップボックス(Dropbox)、フェイスブック(Facebook)、HP(ヒューレット・パッカード)、モジラ(Mozilla)、Oath(オース)、ベライゾン(Verizon)、セールスフォース(Salesforce)、イーベイ(eBay)、SAP(エスエーピー)等の企業名が目に入ります。

何であの企業は入っていないのだろうと思う企業もありますが…。

すべての分野でのことではないのですが、気になる方は、目を通してみてはいかがでしょうか。

一応情報元はアメリカ合衆国最高裁判所(Supreme Court of the United States/SCOTUS)からの情報になりますが、グーグル(Google)の記事も若干わかりやすそうでしたので、貼り付けておきます。

情報元のアメリカ合衆国最高裁判所(Supreme Court of the United States/SCOTUS)グーグル(Google)のURLドメインとこのPDFのURLドメインを貼り付けておきます。
SCOTUS
Google