なりすまし注意喚起

ad

なりすまし勧誘セールなどに対する注意喚起

特にご高齢の方などに注意喚起

インターネット(Internet)やスマートフォン(smartphone)、携帯端末(Personal digital assistant)、パソコン(PC)、メール(Mail)、ハガキなど、悪質ななりすまし行為の巧妙さが増しています。

セキュリティーに対する重要性もが増していく行く一方で、またそういったセキュリティー会社を装うなりすまし勧誘、セールスはあとを絶たない。巧妙さもましています。

高齢者の方たちなどでよくひっかかってしまうケースは、日本で良く知られている企業を名乗った勧誘やセールス、公的機関を装うなりすましは多い

高齢者の方達やインターネット(Internet)の知識などがあまり詳しくない人は、そういった電話やメール、ハガキなどでの通知文に引っかかってしまうケースが多い。

なりすまし勧誘セールなどに対する対処法としましては、いくつかあります。(一部でざっくりですがご参考までに。)

・まずは怪しい電話やメールなどは一切開かない。

・100%とは言えないのですが、きちんとした企業などはほとんど自らセールスの電話やメールは掛けない仮に大手企業を名乗る勧誘やセールスは、ほとんどといって良いくらい下請け会社か孫請け会社か、ひ孫請けなのか、何次代理店かはわかりませんが、大元の企業からではない。何かあれば、大元へ直接連絡してやりとりすればよい。

・万が一メールを開いてしまった場合は、絶対に送られてきたメールやハガキなどに記載してある連絡先に掛けてはいけない。きちんと本当の企業や最近では国の機関を名乗るケースも多いので、必ず本当の企業の連絡先や公的機関の連絡先を調べ、本当の企業や組織、公的機関などにどういった内容のものが通知されてきたのかどうかを確認する。

などなど非常に多いのです本当に一部ですが。

現在は、ワールドワイドウェブ(World Wide Web)やいろいろな通信環境(Communication environment)の一人の誤った行動で、その端末などに入っている個人情報がごっそりもっていかれていってしまうので、要注意です。

こちらはなりすましではないのですが、ツイッター(Twitter)上でかなり前に話題に山梨県警公式ツイッター(Twitter)より。
「架空請求ハガキにツッコミいれてみた」というコンテンツです。

内閣府政府広報オンライン公式ツイッター(Twitter)も貼り付けておきます。

トップへ戻る