純国産NICTの人工知能WISDOM

PR

純国産大規模Web情報分析システムWISDOM X(ウィズダムエックス)。

かつては、WISDOM(ウィズダム)。

NICT(国立研究開発法人情報通信研究機構/National Institute of Information and Communications Technology)のWISDOM X(ウィズダムエックス)を使うと、データ(data)から正確な答えを導き出してくれるツール。

例えば、わかりやすく言えば、ライン(LINE)のりんなさんをもっと正確にしたような感じでしょうか。

現時点では、WISDOM X(ウィズダムエックス)は、ボット(bots)になっておりますが、純国産で日本の国立研究開発法人が開発しているツール。

できるだけ、日本の組織や団体のデベロッパーツール(developpers tool)を活用したいのですが、APIや何かしらのオープンソース(open source)などが公開がされていないことが多い。

NICT(国立研究開発法人情報通信研究機構/National Institute of Information and Communications Technology)の場合は、日本の国立研究開発法人なので、公開できないものもあるとは思いますが、グーグル(Google)VS NICT(国立研究開発法人情報通信研究機構/National Institute of Information and Communications Technology)でも何でも良いので、日本の企業などが世界で生き残っていけるようにしたいと思う。

但し、どの国にも共通して言えることは、人工知能(artificial intelligence/AI)、データサイエンス(data science)のバイアス(bias)、つまり先入観や偏見などの基準はどこなのかと思いながら一般庶民がWISDOM(ウィズダム)をいじる。ちなみにWISDOM(ウィズダム)が少し見た目が怖い感じだと思ったら、かわいい感じの会話するAI次世代音声対話システムWEKDA(ウェクダ)みたいなものももあったが…。

どこかの国みたいに権力者が悪用したり、情報操作しないことを祈るしかない。

WISDOM X (ウィズダム エックス)の画面を見ているだけで、パイソン(Python)みたいなというか言葉遊びのようにも感じる。
WISDOM X
NICT
WEKDA