NICTの無料翻訳ツールボイストラ

ad

NICT(国立研究開発法人情報通信研究機構/National Institute of Information and Communications Technology)の翻訳ツール(translate tool)ボイストラ(voicetra)。

グーグル翻訳(Google translate)は非常に便利です。グーグル翻訳(Google translate)の翻訳手伝いを無償で手伝っている人も多いのでは。

純国産翻訳ツール(translate tool)ボイストラ(voicetra)アプリに手伝いをと。

データ(data)は大切です。つまりデータサイエンス(data science)。

無償であっても、できるだけ母国日本の組織や団体などの手伝いなどをしたい。そう考えています。

だから、日本の企業は隠さないといけないものは隠すということは当然理解はしていますが、例えばAPIなどの公開をいまだにしていない企業などが多い。無料でも良いので、今からでもオープンソース (open source)として公開しても遅くはないとも感じる。

良いか悪いかは別として、日本企業のAPIが公開されていないため、海外のAPIを活用せざることは否めなく、実際にすでに囲い込まれた。スクレイピングせざるを得ないということも良いのか悪いのかということは別として、仕方がないとも感じることもある。

コアな部分や裏で繋がっていても良い。しかし、他の国をどうこうは言いたくないのですが、自由のない国の製品が安いから購入することは正しいのか。

安いのは確かに魅力的です。

しかし、自由のない国にデータ(data)を与えるということは将来の子供たちに影響を与えます。

直近の少ない出費に対する消費行動が将来的な日本の未来にも関わってきますので。

研究家や専門家、プログラマやエンジニアでもないのですが、World Wide Web(ワールドワイドウェブ)というインターネット(internet)という世界について思うことも添えて。
Voicetra

トップへ戻る