日本のネット民最強説

PR

勝手な独自分析です。

当然賛否両論あるとは思いますが。

インフルエンサー(influencer)としてのインターネット(internet)というワールドワイドウェブ(World Wide Web)の中でのお話しです。

例えば、直近の終わったばかりのオリンピックのフィギュアスケート女子で考えてみます。

当然母国の日本人選手に勝利してもらいたかったと思いますが、優勝したロシア(Russia)のザギトワ選手(Zagitova)は素人から見ても、凄いということは理解できる演技でした。しかし、注目は2位になったロシア(Russia)のメドベージェワ選手(Medvedeva)であったりします。

理由は、日本のセーラームーン(Sailor Moon)が好きだということです。

エフゲニア・メドベージェワ(Evgenia Medvedevа)公式インスタグラム(Instagram)

Hi??

Evgenia Medvedevаさん(@jmedvedevaj)がシェアした投稿 –

アリーナ・ザギトワ(Alina Zagitova)公式インスタグラム(Instagram)

これが真実かどうか定かではないですし、日本人を好意的に導くために似非日本文化ファンを装う海外の人もいます。

しかし、なぜこういった行動をとるのか。

データ(data)や統計(statistic)などを完璧に調査したわけではないので、あくまでも参考ですが、それだけ日本人(Japanese)が、インターネット(internet)というワールドワイドウェブ(World Wide Web)の中でインフルエンサー(influencer)として非常に大きな影響力を持っているからだと考えます。

そもそも誰だって海外の人達が自分の母国の何かを好んでいただけるということは、うれしいことですが。