Orbital ATKアンタレスロケット打ち上げへ

ad

オービタルATK(Orbital ATK)がシグナススペースクラフト(Cygnus spacecraft)アンタレスロケット(Antares Rocket)をアメリカ合衆国バージニア州のワロップス飛行施設(Wallops Flight Facility)より打ち上げへ。

今回のミッション(Mission)はCRS-9 cargo resupply missionとしてISS国際宇宙ステーション(International Space Station)へ向けて打ち上げ。ISS国際宇宙ステーション(International Space Station)の補給と科学実験を行う予定。

オービタルATK(Orbital ATK)やNASAアメリカ航空宇宙局(National Aeronautics and Space Administration)の公式ツイッター(Twitter)やインスタグラム(Instagram)、ユーチューブ(YouTube)アカウントチャンネル、ユーストリーム(USTREAM)などより動画などを埋め込んでおきます。(※動画に関しましては、ミッションが終了次第動画が変更、削除されることがございますので、ご了承くださいませ。)

アメリカ合衆国バージニア州のワロップス飛行施設(Wallops Flight Facility)周辺の地図と場所です。

ISS国際宇宙ステーション(International Space Station)公式インスタグラム(Instagram)

オービタルATK(Orbital ATK)公式ツイッター(Twitter)アカウント

Cold Atom Lab Launching on Board Orbital ATK Mission to Space Station NASA

The new Cold Atom Lab (CAL) facility is among the cargo launching to the International Space Station on the Orbital ATK CRS-9 mission. The Cold Atom Lab could help answer some big questions in modern physics. CAL produces clouds of atoms that are ten billion times colder than deep space. The facility uses lasers and magnetic forces to freeze the atoms until they are almost motionless. In the microgravity environment on the space station, it’s possible to observe these ultra-cold atoms for much longer in than what’s possible on the ground. The research done using CAL could potentially lead to a number of improved technologies, including sensors, quantum computers and atomic clocks used in spacecraft navigation.

NASA TV Media