お手軽にドローンレースを体験できるPARROT MAMBO FPV(パロットマンボFPV)

Life
ad

トイドローン(Toy Drone)やDJIの空撮用のドローン(Drone)はすでの普及しています。

しかし、それでもドローン(Drone)のパーツ(Parts)はなかなか売っていることがなく、本格的なレース用のドローン(Drone)を操縦したいとなると、独自で専用パーツを作らなければ、レーシング用ドローンはなかなか制作できなかった。

そんな中、FPV(First Person View)搭載で、カメラに映し出された映像を観て操縦することができるレース用のドローン(Drone)PARROT MAMBO FPV(パロットマンボFPV)が2017年10月末発送予定ですでに予約を開始しております。価格は¥21,800(税抜)。

720P画素のHDカメラを搭載し、バッテリーによる飛行時間は約10分で、操縦者から約100メートル離れていても操縦できる仕組みになっている。

空撮用のドローン(Drone)の操縦もおもしろいのですが、操縦していくと、ドローンレースに興味が出てきてしまっていたので、PARROT MAMBO FPV(パロットマンボFPV)がどのくらいのスピード感なのかどうかなどの詳細はわかりませんが、早速予約をしてみよう。


PARROT MAMBO FPV(パロットマンボFPV)概要
■Parrot Mambo 1台
■FPV カメラ 1台
■Parrot Cockpitglasses 2 1台
■Parrot Flypad 1台
■Power バッテリー 1個
■保護パーツ 4個
■USBケーブル 1本
■ユーザーガイド 1冊

Parrot(パロット)の公式動画や公式ツイッター(Twitter)アカウントや公式インスタグラム(Instagram)を。

Parrot Mambo FPV – Official Video

Here we go! Check the first showcase of Parrot Mambo FPV #MamboRacingClub

Parrotさん(@parrot_official)がシェアした投稿 –

When your Parrot Mambo turns into a #racing drone ? Discover the Mambo FPV experience: link in the bio #MamboRacingClub

Parrotさん(@parrot_official)がシェアした投稿 –

トップへ戻る