宇宙旅行保険

宇宙開発、ロケット開発が盛んになってきて、注目され、宇宙旅行保険(Space Travel Insurance)市場もすでに活性化しています。

打ち上げたロケットなどが衛星に衝突して爆発し、そこでさらに宇宙ゴミスペースデブリ(space debris)またはオービタルデブリ(orbital debris)、スペースジャンク(space junk)などとも呼ばれますが、このスペースデブリ(space debris)で地球の周りは混雑していることも考慮してください。

そのためロケットの打ち上げなどに注目しがちですが、その結果、宇宙旅行保険(Space Travel Insurance)市場にも注目が集まっている要因の一つでもあると考えます。

宇宙開発、ロケット開発が活性化している一方で、スペースデブリ(space debris)が地球に落下する事例もありますので。
宇宙旅行保険(Space Travel Insurance)市場の活性化。スペースデブリ(space debris)回収ビジネス。

宇宙開発に限らず、広い視野で見てみると、ある意味いろいろと考えさせられる。

Space debris – a journey to Earth ESA

Space debris - a journey to Earth takes the audience on a journey from the outer solar system back to our home planet. The objects encountered along the way are manmade. Originally designed to explore the universe, these are now a challenge for modern space flight. An estimated number of 700,000 objects larger than 1 cm and 170 million objects larger than 1mm are expected to reside in Earth orbits.

The video gives a closer look at the different regions used for space flight and explains how mitigation and removal measures could preserve future usage of these orbits.

Produced for the 7th European Conference on Space Debris, 18-21 April 2017.

Space Debris in Motion NASA