SpaceX Falcon9ロケットがTESSを搭載し打ち上げ間もなく

AI
PR

スペースXファルコン9ロケット(SpaceX Falcon9 rocket)がTESS(Trans Exoplanet Survey Satellite)太陽系外惑星探査衛星を搭載し新たな惑星の発見や調査、探査のため、アメリカ合衆国フロリダ州にあるジョン・F・ケネディ宇宙センター(John F.Kennedy Space Center)近くのケープカナベラル空軍基地(Cape Canaveral Air Force Station in Florida)より打ち上げ。

ちなみに今回のTESS(Trans Exoplanet Survey Satellite)を搭載したスペースXファルコン9ロケット(SpaceX Falcon9 rocket)打ち上げ発射場所のアメリカ合衆国フロリダ州にあるケープカナベラル空軍基地(Cape Canaveral Air Force Station in Florida)場所地図です。

太陽系外惑星探査衛星TESS(Trans Exoplanet Survey Satellite)を打ち上げる経緯としましては、ざっくりですが、TRAPPIST-1という星を1999年に天文学者ジョンギジス氏(John Gizis)たちによって発見され、2MASS J23062928-0502285というTwo Micron All-Sky Survey(2MASS)を発見した。その後、2016年5月に科学者によっては、チリのTransfers PlanetsとPlanetesimals Small Telescope(TRAPPIST)を使って、この星の周りに3つの惑星を発見した。宇宙望遠鏡(Space Telescope)の進化も大きな影響の一つです。
ちなみに約40光年離れた7つの地球規模の惑星TRAPPIST-1は太陽系よりも古いと言われています。

ジョンギジス氏(John Gizis)公式ツイッター(Twitter)


Exoplanet Exploration Program
University of Delaware
Exoplanet Exploration
TESS