スペースX(SpaceX)のリスクやトラブル対応

PR

日本時間2018年12月6日ISS補給線ドラゴン(Dragon)を搭載したスペースX(SpaceX)ファルコン9(Falcon9)に不具合が発生しました。

ロケットを打ち上げている回数によって当然トラブルが起きる確率は上がります。

スペースX(SpaceX)やスペースX(SpaceX)共同創業者イーロンマスク氏(Elon Musk)、NASAアメリカ航空宇宙局(National Aeronautics and Space Administration)は、この不具合に関する情報は当然公にはしていない情報はあるとは思いますが、トラブル、不具合が生じたファルコン9ロケット(Falcon 9 Rocket)の一部動画を公開したことは良かったのかもしれません。

それよりも何よりも、当たり前だと思われるかもしれませんが、現時点では、打ち上げたロケットが目的地に戻ってくるという技術がスペースX(SpaceX)の代名詞と言っても過言ではない技術ではありますが、何よりもトラブル、不具合が生じ、打ち上げたファルコン9ロケット(Falcon 9 Rocket)が地球へ帰還するための救助、回収対応が早かった。当然技術を盗まれたくないということは大きいとは思いますが、ファルコン9ロケット(Falcon 9 Rocket)の着地点(今回は海上への着水でしたが)へのロケット回収船をいち早く想定着水地点へ送り込んでいました。ロケットを打ち上げ、目的地に回収船をすぐに向かわせるトラブルやリスク対応、想定着地点のターゲットを定める技術も凄かったように感じます。

何よりも操作不能になり、どこへ落ちるのかわからないような技術を技術競争の中で確立されていないものを実行してしまう企業や政府もあったりしますので。

スペースX(SpaceX)やスペースX(SpaceX)共同創業者イーロンマスク氏(Elon Musk)が公開した動画です。但しスペースXウェブキャス(SpaceX webcast)動画にはこの不具合やトラブルの一部始終は公開していない。

スペースX(SpaceX)ファルコン9(Falcon9)に不具合が発生

Dragon Resupply Mission (CRS-16) SpaceX

SpaceX is targeting Wednesday, December 5 for the launch of its sixteenth Commercial Resupply Services mission (CRS-16) to the International Space Station. Liftoff is targeted for 1:16 p.m. EST, or 18:16 UTC, from Space Launch Complex 40 (SLC-40) at Cape Canaveral Air Force Station, Florida. 

Dragon will be filled with more than 5,600 pounds of supplies and payloads, including critical materials to directly support more than 250 science and research investigations that will occur onboard the orbiting laboratory.

The Dragon spacecraft that will support the CRS-16 mission previously supported the CRS-10 mission in February 2017. Following stage separation, SpaceX will attempt to recover Falcon 9’s first stage on Landing Zone 1 (LZ-1) at Cape Canaveral Air Force Station, Florida.
Google 24時間サポートG Suiteを試す(無料試用期間有)

Google公式24時間サポートプログラムG Suite。最初の14 日間は無償でご利用いただけます。
プランは月額600円~

NASA Live Stream 24時間ライブ配信動画
explorerspace
PR
PR
テクノロジー×不動産アイケーホーム