SS-520 5号機超小型衛星打ち上げ

machine
PR

2017年12月28日に打ち上げ予定となっていたJAXA(宇宙航空研究開発機構/Japan Aerospace eXploration Agency)傘下のISAS(宇宙科学研究所/Institute of Space and Astronautical Science)が開発したSS-520 5号機。

打ち上げ延期になっていたのですが、日本時間2018年2月3日(土)14時00分頃~14時20分頃に決定し、すでにユーチューブ(YouTube)JAXA(宇宙航空研究開発機構/Japan Aerospace eXploration Agency)公式アカウントで、ライブ配信の準備ができております。世界各国がロケット(rockets)打ち上げが頻繁になり、2018年1月31日は皆既月食、スーパー・ブルー・ブラッドムーン(super blue blood moon)と宙活が活発に。

ちなみに打ち上げ場所は、鹿児島県肝属郡肝付町の内之浦宇宙空間観測所です。内之浦宇宙空間観測所の地図と場所です。

JAXA(宇宙航空研究開発機構/Japan Aerospace eXploration Agency)とISAS(宇宙科学研究所/Institute of Space and Astronautical Science)の公式ツイッター(Twitter)やインスタグラム(Instagram)をランダムに貼り付けます。

SS-520 5号機による超小型衛星打ち上げの実証実験 JAXA | 宇宙航空研究開発機構

SS-520 5号機による超小型衛星打ち上げの実証実験まで、先日同じく内之浦宇宙空間観測所から発射されましたASNARO-2を搭載したイプシロンロケット(Epsilon rocket)3号機360°打ち上げ映像を貼り付けます。


JAXA