NTTドコモ自然対話プラットフォーム「SUNABA」開発環境サイトオープン

PR

NTT docomo(ドコモ)さんが、非商用利用に限定で、自然対話プラットフォーム「xAIML SUNABA」を公開、開発環境サイトオープン。

まだいじっていないので、わかりませんが、日本語のデータセットはかなり多いとは・・・。
ちなみに公式サイトに行きましたら、2018年7月18日にすでに「xAIML SUNABA」公式サイトはオープンしていた(-_-)

ご興味のある方はどうぞ。

Repl-AIサービス提供の終了みたいな情報を見たので、何かドコモさんは動くのかなあと思っておりましたが、、、。

自然対話プラットフォームはドコモが提供する「my daiz(マイデイズ)」をはじめ、
様々な対話サービスのコア技術として利用されており、より自然な対話を目指し日々成長を続けています。
SUNABAではこのコア技術に直接、触れることができる「対話ボット開発環境」を提供していきます。
また、チュートリアルやマニュアル、そして各種リファレンスをご用意しておりますので
SUNABAに必要な知識はすべてこのサイトで習得することができます。

とのことです。

チュートリアルやマニュアル、ドキュメント、各種リファレンスが公式サイトでご用意されています。詳細はNTT docomo(ドコモ)公式サイトをご参照くださいませ。
SUNABA