Twitterヘルプセンターを少しわかりやすくしてみた…

PR

もはや日本において、ツイッター(Twitter)の存在は欠かせないツール(tools)、サービス(service)。

特にツイッター(Twitter)さんとは利害関係はないのですが、ツイッター(Twitter)は、日本でも大きな影響を与えるツール(tools)、サービス(service)になっていることは否めません。

恐らく、日本に限らず、世界中でも多くのユーザーを抱えているツイッター(Twitter)さん。

わかりやすいかどうかは、受取る側によりますが、少しツイッター(Twitter)で何かあったときのツイッターヘルプセンター(Twitter Help Center)について書いてみます。むしろわかりづらくなってしまったらすみません。

大前提としまして、実社会ではなく、ツイッター(Twitter)という世界で生きるということが大前提です。そして、ツイッター(Twitter)は、基本的にはアメリカ合衆国で開発されたサービス(service)であるということも考慮すべきだと感じます。

ツイッター(Twitter)のサポートセンター(support center)、特にツイッター(Twitter)の電話サポートセンター(telephone support center)のお問い合わせ先、コールセンター(call center)はない。

では、何かあった場合にツイッター(Twitter)に連絡をしたり、コンタクトを取りたいときはどうすれば良いのか。

基本的には、英語でのサポートがベースですが、場合によりましては、ツイッタージャパン(Twitter Japan)で、日本語でサポートを受けることができます。しかし、基本的にはツイッター(Twitter)からツイッタージャパン(Twitter Japan)へDMを送ることになります。そうすると、ツイッター(Twitter)、またはツイッタージャパン(Twitter Japan)からDMでリンク(link)付きでの回答が来るので、その貼り付けられているリンクページ(link pages)に飛んで、そのリンク先ページに書かれていることに従って対応をするということになるかと存じます。

ここで注意すべきは、ツイッタージャパン(Twitter Japan)へDMダイレクトメッセージ(direct message)を送ったからと言って、ツイッタージャパン(Twitter Japan)からの返信のDMダイレクトメッセージ(direct message)に貼り付けられているリンクページ(link pages)が日本語とは限らないということには注意しましょう。

また、TwitterAPIを利用されている人やユーザー、デベロッパー(developer)なども急にツイッター(Twitter)からアカウント(account)停止や凍結されたという報告も最近ではよく見かけますが、当然ツイッター(Twitter)の中の世界で起こっていることになるので、ツイッター(Twitter)側の判断で、凍結、または停止されているツイッター(Twitter)アカウント(account)が凍結解除やアカウント停止解除、ツイッター(Twitter)アカウント(account)復活となる。

ついでに時代が時代だけに、広告代理店で高額な費用を掛けて広告宣伝(advertising)を掛けたくないという方は、ツイッター(Twitter)で広告宣伝(advertising)、プロモーション(promotion)をしたいのであれば、ツイッター(Twitter)、ツイッタージャパン(Twitter Japan)などと直接やりとりをすることになるかと存じます。ビジネスなので当然ではあるとは思いますが、利益に繋がるので、割と母国語である日本語でのDMダイレクトメッセージ(direct message)の返信がツイッター(Twitter)から返信レスポンスがあるかと。

一応いくつかランダムにツイッターサポート(Twitter support)で使えそうな公式ツイッター(Twitter)アカウントをいくつか貼り付けておきます。ツイート(tweet)は、ランダムに埋め込ませていただきます。


Twitter