仮想通貨でわかる医療

PR

研究者や学者など何でもないただの一般庶民です。

何となく仮想通貨問題でわかる医療について書こうと思います。

たまたま仮想通貨(virtual currency)や暗号通貨(crypto currency)というものが問題になったりもしましたので。

仮想通貨(virtual currency)や暗号通貨(crypto currency)がハッキング(hacking)された問題です。

何度かこの記事でも書いていたように過去に予測されていたことが、現在という実社会を目にすることで、過去の予測が現在という事実を見ることで、過去の予測や目標みたいなものが、すべてではないのですが、実現されていると感じる今日この頃です。

例えば、AI(人工知能/artificial intelligence)についてもすでに何十年も前からそういうものができるということが言われていた。

携帯端末(PDA/Personal digital assistant)は、チップ(chip)に変わるということもすでに過去に言われていたことでした。

そんなこんなで、研究者や学者の人たちはすでにもっと先のことを習得しているとは思いますが、結論としましては、実現することが難しいということです。

今では、AI(人工知能/artificial intelligence)についていろいろと言われています。AI(人工知能/artificial intelligence)の元になるのはデータ(data)。

仮想通貨(virtual currency)や暗号通貨(crypto currency)について、ビットコインの発案者サトシナカモトの論文や文献資料などについても書かせていただき、こちとら最強ビット野菜という記事も書いた。

某企業の仮想通貨(virtual currency)、暗号通貨(crypto currency)がハッキングされたことをご存知の人も多いでしょう。こちとら最強ビット野菜からわかるとおり、わたしたちは仮想通貨(virtual currency)や暗号通貨(crypto currency)の仕組みについては調べましたが、仮想通貨(virtual currency)や暗号通貨(crypto currency)は一切やっていない。

ただ、仮想通貨(virtual currency)や暗号通貨(crypto currency)が問題になったことで、医療にこういった技術を良い方向に活かせないのか良い方向で病気を治せないのかと思います。

いろいろな学問分野などでの研究が進んでいますし、いろいろなことは考慮せずに問題となった仮想通貨(virtual currency)や暗号通貨(crypto currency)がハッキング(hacking)された問題で、例えば、大きな病気などを持った人の身体に悪い病原体を殺傷してくれ、体内を通常状態に洗浄してくれるものがあったらどうなのか。例えば、チップ(chip)についても良い方向に活用されないのかと感じます。

結局そういったものを作るのも人です。開発者がどういう人たちなのかということです。

たまたま、仮想通貨(virtual currency)や暗号通貨(crypto currency)がハッキング(hacking)された問題が広く知られることになりましたので、便乗して、そういった考えもあるということを。

とは言いながら、多くの人が思っていることだとは感じますが、実現することが難しいという事実。