KIZUNA AI(キズナアイ)はAI(人工知能)ではない…

先日何気なく書いたバーチャルユーチューバー(virtualyoutuber)KIZUNA AI(キズナアイ)さん。

イラストやブランディングなどは非常に参考になります。バーチャルユーチューバー(Virtual YouTuber/VTuber)KIZUNA AI(キズナアイ)さんのユーチューブ(YouTube)公式アカウントアイチャンネル(A.I.Channel)の登録者数や再生回数も増加しております。

結論から言えば、KIZUNA AI(キズナアイ)のアイデアやデザインが好きだったからです。

決して、AIが人工知能(artificial intelligence/AI)を意味しているということは微塵も思っていなかった。

最初からわかっていたのですが、シンプルにバーチャルユーチューバー(Virtual YouTuber/VTuber)KIZUNA AI(キズナアイ)さんがおもしろかったので記事にしました。しかし、海外からも人気もありますし、日本や海外のイラストレーターの方たちから多くのファンアートも多く、うらやましいと同時にうれしかったりです。どこかでバーチャルユーチューバー(Virtual YouTuber/VTuber)KIZUNA AI(キズナアイ)を運営するActiv8株式会社さんとお会いできる機会があるのであれば、少し勉強をさせていただきたいです。

バーチャルユーチューバーKizuna AIキズナアイ

何のプログラムで、どこから、そしてどうやって、現時点で日本語の言語のデータセットをインポートして、アウトプットさせているのか・・・。

プログラマさんやエンジニアさん(プログラマ、エンジニアと表現させて頂きます。)などでしたら、すぐにわかるのかもしれませんが、アナログにイラストで声優さんなどに言語を話しをさせているだけだと推測します。むしろ、現時点でこんなにスムーズに日本語を違和感なくアウトプットできていましたら、日本のトップクラスのデータサイエンス企業の一つとなるように感じます。つまりKIZUNA AI(キズナアイ)さんを運営しているActiv8株式会社さんの企業価値は、日本に限らず、海外企業が日本円で言えば、何十億、上手くいけば、何百億円単位で買収してもおかしくはないように感じます。

バーチャルユーチューバー(Virtual YouTuber/VTuber)もどんどん出て来て増加してくることでしょう。

しかし、YAMAHA(ヤマハ)のボカロことボーカロイド(Vocaloid)には、将来性を感じています。

現時点では、KIZUNA AI(キズナアイ)さんは、最低限アナログで、アニメのようなキャラクターであるKIZUNA AI(キズナアイ)さんに声優さんなどの声をインプットアウトプット(Input Output)しているというシンプルなものとしか考えられません。機械学習のような機能は、ほとんど搭載はされていないと思いますが、アイデアはおもしろいです。

バーチャルユーチューバーKizuna AIキズナアイ

しかし、バーチャルユーチューバー(Virtual YouTuber/VTuber)もますます増えていきそうですし、非常に良いアイデアでおもしろいことに間違いないです。


Activ8