ホワイトデベロッパー

ad

ホワイトデベロッパー(whitedeveloper)

そもそもホワイトデベロッパー(whitedevelopers)という言葉自体が存在するのかどうかという問題があると思いますが、
ホワイトハッカー(white hacker)もしくはホワイトハットハッカー(white hat hacker)から派生して、すでに存在している言語用語なのか、または、わたしたちだけの間で勝手に呼んでいる造語かもしれませんが、ホワイトデベロッパー(white developer)さんと呼んでいる。

ホワイトデベロッパー(whitedeveloper)とは

ホワイトデベロッパー(white developer)という表現をしておりますが、ホワイトエンジニア(white engineer)、ホワイトプログラマー(white programmer)でも何でも良かったのですが、ホワイトハッカー(white hacker)もしくはホワイトハットハッカー(white hat hacker)から派生して、わたしたちが勝手に読んでいる造語かもしれませんが、ホワイトデベロッパー(white developer)とは、ホワイトハッカー(white hacker)もしくはホワイトハットハッカー(white hat hacker)という言葉用語からコンピューター(computer)やネットワーク(network)、プログラミング(programming)などに関しまして、高度な知識や技術を持つ善良なデベロッパー(developers)さんやエンジニア(engineer)さんプログラマー(programmer)さんたちのことをホワイトデベロッパー(white developer)さんと呼んでいます。

ここで言う「善良」とは

ここでいう「善良」とは、コンピューター(computer)やネットワーク(network)、コンピュータープログラミング(computer programming)、プログラム(program)などに関しまして、高度で詳しい専門的な知識を包み隠さずにご丁寧にオープンに善意で無料で教えてくださる方たちのことです。

細かく言えば、デベロッパー(developers)とエンジニア(engineer)、プログラマー(programmer)の違いとは何かと思う人もいるとは思いますが、一応わたしたちは総称してホワイトデベロッパー(whitedevelopers)さんと呼んでいて、非常に感謝をしており、敬意を表している方達のことです。。

なぜホワイトデベロッパー(whitedeveloper)さんに感謝や敬意を表しているのか

もちろん専門の知識がないので、わからないことが多いということが言えます。最近だと、「完全無料」という甘いことばで、実際は高額な費用を要求、請求するようなサービスが蔓延しているということもあります。

さらには、デベロッパー(developers)やエンジニア(engineer)、プログラマー(programmer)と自称しながらも実際にはあまり知識がない。しかも知識がないにも関わらず、コンピューター(computer)やネットワーク(network)、パソコン(PC)などにあまり詳しくない人たちをターゲティングにして、大した技術もないのに高額な費用やコストを請求するような企業やサービスが増えているからです。

検索エンジン(search engine)の検索結果は信用していない

検索エンジン(search engine)の検索結果などは信頼していない。

検索エンジン(search engine)での検索結果で上位表示されているコンテンツの中身が薄いものが多い。

わたしたちの現時点での勝手な意見ではありますが、調べている内容などにもよるとは思いますが、今風のデザインのウェブサイトよりも昔ながらの古いウェブサイトにかなり重要なことが非常に丁寧に解説されていることが多々あるからです。検索エンジン(search engine)での検索結果の順位を気にして見たことはないのですが、いずれにしましても、検索エンジン(search engine)での検索結果で上位表示されていないということだけは言えます。

基本的には、ネットショッピング(netshopping)、ネット通販、オンラインショップ(online shop)というものが主流にはなりましたが、参考書などを購入するときは、実際に本屋さんに行って、実際に手に取って中身をきちんと確認をして購入し、そういった参考書を見ながら、とにかくわからないながらもパソコン(PC)をいじって実装してみる。プラスでインターネット(internet)で調べてみると、意外と今風ではない、昔ながらの古いデザインのウェブサイト(website)に貴重な情報が書かれていることに出くわすことが多い。

最近、何となく専門家ではないのですが、理解できることは、そういった貴重な情報が書かれているような昔ながらの古いデザインのウェブサイト(website)はあえてそういったデザインにしていると感じます。

まとめ

一言です。善良なるホワイトデベロッパー(whitedevelopers)さん本当に本当にありがとうございます。感謝感謝です。

トップへ戻る