これからはWi-Fiの2倍のWiGig時代へ

ad

プログラミングなどの基礎の基礎、そもそもパソコンやスマートフォンの速度の規格がWi-Fiよりもさらに高速の通信を可能にする新規格WiGig(ワイギグ)搭載のスマートフォンやパソコンなどが主流になりそうです?!

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

世界中のさまざまな企業が加盟している非営利団体Wi-Fi Allianceが、WiGig(ワイギグ)の認証を開始することを発表しました。

Wi-Fi Allianceの発表によると、混雑度が低い第三の周波数帯である60 GHzを活用するWiGig(ワイギグ)という周波数帯を活用して高速通信を可能にするようです。

WiGig(ワイギグ)は、現在使われているWi-Fiのトップスピードの約2倍の速度になるようです。

ただし、WiGig(ワイギグ)にはメリットとデメリットがあり、デメリットとしては、10mという近距離内でしか使えないようです。

WiGig(ワイギグ)のメリットとしては、高速なのでVR機器や4Kビデオなどへの対応が可能だということです。

最近いろいろなメーカーが競って出しているVRのヘッドセットを使用するとき、現在は無線の速度がついていけない場合が多く、ケーブルでパソコンなどに繋ぐことが多いと思いますが、WiGig(ワイギグ)を使えば無線でストレスなく利用ができるようになるようです。

WiGigは全く新しいものではなく、この技術を搭載した製品は既にマーケットにあるにはある。ただ、それらの数は限られている。

Wi-Fi AllianceにはMicrosoft(マイクロソフト)やApple(アップル)など世界の大手企業など約600社が加盟していて、今回のWi-Fi Allianceの発表で、これからは、WiGig(ワイギグ)対応の製品が一気に市場に出回る方向になりそうです。

Wi-Fi Alliance

トップへ戻る