ワードプレス公式テーマ

ad

ブログサービス(blog service)の中でもワードプレス(WordPress)は非常にシンプルで良いです。

現在でも世界中のインターネット(internet)のウェブサイト(website)の約3割がワードプレス(WordPress)で構築されています。

ここで言うワードプレス(WordPress)公式(official)テーマ(themes)という「公式(official)」という表現が良いのか悪いのか、正しいのか正しくないのかということはさておいて、ワードプレス(WordPress)公式(official)ウェブサイト(website)で公開されている無料のフリー(free)テーマ(themes)から有料のテーマまで探すことができます。

いくつかワードプレス(WordPress)公式(official)ウェブサイト(website)で公開されている無料のフリー(free)テーマ(themes)から有料プレミアム版(Premium)のテーマ(themes)まで探すことができますが、似たようなページですが、最新のワードプレス(WordPress)テーマ(themes)を探すことができると思います。

こちらが本家ワードプレス(WordPress)公式(official)ウェブサイト(website)のURLドメインです。
wordpress.org

こちらは日本語のワードプレス(WordPress)公式(official)ウェブサイト(website)のURLドメインです。
ja.wordpress.org

こちらはワードプレス(WordPress)公式(official)ウェブサイト(website)URLドメインです。こちらはテーマ(themes)専用ページです。プラグイン(plugins)なども探すこともできます。
wordpress.com/themes

わからないときなどは基礎に戻るということで、ワードプレス(WordPress)の開発者マット・マレンウェッグ(Matt Mullenweg)などの開発関係者の公式(official)ウェブサイト(website)オートマティック(Automattic)のautomattic.comを見ることもよいのではないでしょうか。

ワードプレス(WordPress)のコーディングやカスタムに迷ったらWordPress Codex日本語版を見ることもよいかもしれません。
wpdocs.osdn.jp

wp-content/themes/ここにテーマ名 になっています。

公開されているワードプレス(WordPress)のテーマ(themes)名を改変しているウェブ制作会社も多い。

実際は無料のワードプレス(WordPress)のテーマ(themes)であったり。

わたしたちは、ホワイトエンジニアやプログラマの人たちに感謝します。

他の事に時間を費やすことができます。

感謝。

ちなみにグーグル(Google)ブロガー(Blogger)で独自ドメインでも良いかもしれません。

マット・マレンウェッグ(Matt Mullenweg)公式ツイッター(Twitter)。なんとなく意味が…。ふむふむ。

トップへ戻る