横浜市青葉区長寿ランキング再び1位に

PR

わたしたちの街横浜市青葉区が世界長寿ランキングで再び世界第1位に。

厳密に言えば男性部門で横浜市青葉区が世界長寿ランキングで世界第1位で、女性部門は今回は第9位。

しかし、女性部門でも以前世界長寿ランキング世界第1位になっている。

いろいろとデータ(data)から分析をされている人も多いのですが、実際に生活をしている実社会を知る身として独自分析をしてみました。

ちなみにデータ(data)統計(statics)には結構タイムラグがあったりします。

データ(data)統計(statics)を見たい方は、日本の機関であれば、厚生労働省の公式ウェブサイト(website/hp)を。
世界の機関からデータ(data)統計(statics)を見たい方はWHO世界保健機関(World Health Organization)公式ウェブサイト(website/hp)をご覧になれば良いかと。

独自分析から横浜市青葉区が世界長寿ランキングで世界1位になったり常に上位にいる理由を考えて見ました。恐らく単に長寿という訳でもなく、所謂健康寿命としても世界的にみましても上位かと思います。

まず、スーパーや医療機関など生活面での利便性が良いというところです。恐らくご年配の方足でも約10分から15分あれば、徒歩で何かしらの生活必需品などを購入できる施設に辿り着けるという利便性が良いということは言えると思います。

電車の利便性も良いですし、車をご利用の方も東名高速道路横浜青葉インターチェンジなどもあります。たまプラーザ駅から羽田空港行き直通バスや成田空港直通バスもあります。電車で少し出れば、東北方面や西日本方面へと新幹線に乗車することもできます。

また、もともとは横浜市青葉区は山でした。そのためとにかく坂が多いというデメリットがあります。しかし、そのデメリットがご年配の方にとりましては、苦かもしれませんが、身体的にはメリットになっているように感じます。つまり、知らない間に歩いているだけで足腰が鍛えられているように感じます。さらに健康意識が高い人が多いということもこれにONされているように感じます。

また、自然も多いです。横浜市青葉区は都心部に近いにも関わらず、道幅も広く、自然も多いです。恐らく精神的にも安らぐ場が多いのかもしれません。

しかし、今回は横浜市青葉区が世界長寿ランキングで世界第1位になりましたが、良い意味で、近隣の都市や街も長寿ランキングでトップにいます。例えば、離接している横浜市都筑区や川崎市麻生区、宮前区などもです。

恐らくメディアやネットニュースなどでは、データ(data)統計(statics)から導き出すので、タイムラグがなく、実際の実社会で生活していなければ気付かないように感じます。世界的な機関や組織のデータ(data)統計(statics)を見たければ、WHO世界保健機関(World Health Organization)公式ウェブサイト(website/hp)を。今回は日本の組織機関厚生労働省の公式ウェブサイト(website/hp)リンクを貼り付けます。また、横浜市青葉区公式ウェブサイト(website/hp)を貼り付けます。ちなみに横浜市青葉区公式ウェブサイト(website/hp)を見ましたが、もっと宣伝してはと思いながら、長寿であることが当たり前になっているのかもしれないと感じたりもします。

あとは、横浜市が主催している横浜市健康福祉局が主催しているよこはま健康スタイルよこはまウォーキングポイント事業はおもしろいかもしれないかと。

しかし、多くの人が自分たちの生まれた町や育った場所、故郷、思い出の場所などに思い入れがあるということは自然な流れかと。
厚生労働省
横浜市青葉区